マイナンバー企業向け対策は

以前から導入が決まっていた国民番号が実施されます。名称はマイナンバーで広報活動がされています。アメリカの社会保障番号と同様に一人一人を識別しやすくるシステムです。日本にも海外の仕組みが入ってくるわけですね。マイナンバーの通知カードも同時に発送されます。身分証としては別に個人番号カードも発行出来ます。銀行やキャッシュカードと同じくらい大切です。カードもそうですが、番号も人に教えてはダメです。これは企業も同様で従業員のマイナンバーを安全に保管することも大切な義務となります。色々な所から情報流出がありますので、気は抜けません。皆の大事な情報ですから意識を持って管理する必要があります。